三菱ふそう/電気小型トラックでEV配送の実証を北海道で開始

2021年11月24日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、電気小型トラック「eCanter」を用いた配送業務での初の実証を北海道内で生活協同組合コープさっぽろが2022年に実施すると発表した。

<コープさっぽろでの実証で使用される「eCanter」>
20211124mftbc 520x390 - 三菱ふそう/電気小型トラックでEV配送の実証を北海道で開始

北海道内で初となる顧客による「eCanter」の実証は、コープさっぽろの宅配システム「トドック」での使用において実施。今回の実証では、コープさっぽろが寒冷地の札幌市内において、特に市街地や傾斜地での実走行距離や充電・配送時間やバッテリーの消費電力などのデータ測定を行い、同社の配送実務での「eCanter」の性能を実証する。

コープさっぽろは物流でのCO2排出量削減を推進し、北海道内での宅配業務のカーボンニュートラル化におけるさらなる取り組みとして、今回の実証を行うもの。同実証実験は札幌市内で2022年1月に実施される予定だ。

カーボンニュートラル輸送の実現に向けた動きが世界的に拡大する中で、電気で駆動することで排出ガスが一切出ない「eCanter」は、様々な用途の配送における排出ガス削減に貢献するトラック。

従来のディーゼル車と比較して騒音や振動が少ないため、特に都市内輸送における配送ニーズに対応し、ドライバーの負担を軽減する車両としても、これまで国内外の顧客から高く評価されている。「eCanter」は既にノルウェーやフィンランドといった寒さが厳しい地域から、スペインなどの温暖な地域まで、多様な環境下にある国々で稼働している。

MFTBCは、今回の配送業務での実証実験は日本の寒冷地で問題なく使用できることを顧客に体感してもらえる良い機会ととらえ、カーボンニュートラルな輸送の実現を目指す顧客のビジネスに貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集