LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NEC/荷物の自動採寸で物流現場の業務効率化に貢献

2022年02月25日/IT・機器

倉庫保管や梱包、積み付け計画など、荷物を扱うさまざまな業種(倉庫業、卸売業、製造業、流通業、EC通販業など)の現場では荷物の寸法情報が必要不可欠だが、手作業での採寸による手間やミスに悩みをもつ現場も少なくない。そのような課題に、NECプラットフォームズの「荷物サイズ計測ユニット」が応える。

<「荷物サイズ計測ユニット」による採寸の流れ>
20220225nec - NEC/荷物の自動採寸で物流現場の業務効率化に貢献

<さまざまな形状の荷物に対応可能>
20220225nec1 - NEC/荷物の自動採寸で物流現場の業務効率化に貢献

「荷物サイズ計測ユニット」は、荷物の寸法(幅、奥行き、高さ)と重量を自動で計測する機能を持つ。荷物を計測台に置くだけで採寸業務を自動化し、現場の作業負担軽減やミス防止に貢献する。また、同製品は段ボールや箱といった直方体以外の形状の荷物(異形物)にも対応するよう機能を強化しており、幅広い業種での採寸自動化が期待される。

<採寸の自動化で業務の効率化を実現>
20220225nec2 - NEC/荷物の自動採寸で物流現場の業務効率化に貢献

採寸の自動化によって「取り扱いアイテムごとの容積マスタ化」や「荷姿容積の管理」も容易になる。これにより、ピッキングや梱包・出荷時に最適な梱包資材の判定が可能となり(アイテムごとの容積マスタ化)、倉庫保管や輸送時の費用の最適化や効率的な積み付け計画に活用できる。(荷姿容積の管理)

人手に頼りがちな採寸業務の自動化で、物流現場における荷物の取り扱いを効率化してみてはどうだろうか。

<製品動画>

■詳細情報
製品HP:https://www.necplatforms.co.jp/product/size-measurment/
問合わせ先:ap_measure@nec-i.jp.nec.com

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース