LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

コカ・コーラ/明石工場で同社最大級の自動物流センター竣工

2022年05月27日/物流施設

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは5月27日、明石工場(兵庫県明石市)敷地内にコカ・コーラシステム国内最大級の保管・出荷能力を持つ自動物流センター「明石メガDC」を竣工したと発表した。同拠点は7月から稼働を開始する予定。

<明石メガDC>
20220527coca 520x315 - コカ・コーラ/明石工場で同社最大級の自動物流センター竣工

「明石メガDC」は、コカ・コーラシステム国内最大級の製品保管容量(6万パレット)と製品出荷能力(年間8000万ケース)を備え、大阪府と兵庫県の全エリアの物流を担う基幹拠点として稼働する。

同拠点には、これまで各セールスセンターで行ってきた仕分けやピッキング、在庫保管などの倉庫業務を段階的に集約。今後、セールスセンターは在庫を保管しないクロスドッキング方式とし、得意先や各自動販売機などのエンド・ツー・エンドまで高効率に製品を届けるネットワークを構築する。

<ROROステーション>
20220527coca1 520x347 - コカ・コーラ/明石工場で同社最大級の自動物流センター竣工

また、「明石メガDC」では設備の自動化・デジタル化を推進し、出庫にかかる時間や人員による作業工程の短縮を図っている。

なかでも1500ケース(500mlPETボトルの場合)の製品の荷役を一括で可能とする陸上では珍しい自動設備であるRORO(roll-on/roll-off )ステーションでは、フォークリフトでの作業と比較した場合、トラックへの積み込み・積み下ろし作業時間を7割削減することが可能となる。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、急速に変化する市場環境や多様化する消費者ニーズへの迅速な対応を実現するため、全エリアの物流体制とコストの最適化を目指した「新生プロジェクト」を進めており、「明石メガDC」は同プロジェクトの一つとして、2021年2月に竣工した「埼玉メガDC」に続く自動物流センターとなる。

■「明石メガDC」概要
所在地:兵庫県明石市大久保町西脇152(コカ・コーラ ボトラーズジャパン 明石工場敷地内)
延床面積:3万3056m2
製品保管数量:6万パレット
製品出荷能力:8000万ケース/年
竣工:5月
稼働開始:7月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース