LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸/NEDO「グリーンイノベーション基金事業」で2案件

2022年07月19日/IT・機器

ヤマト運輸は7月19日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「グリーンイノベーション基金事業/スマートモビリティ社会の構築」で、単独提案事業「グリーンデリバリーの実現に向けたEVの導入・運用について」と、共同提案事業「商用電動車普及に向けたエネルギーマネジメントシステムの構築・大規模実証」の2案件が採択されたと発表した。

このうち、単独提案事業の「グリーンデリバリーの実現に向けたEVの導入・運用について」では、特定エリア内における集配車両のEV導入・運用、エネルギーの最適化を行う。共同提案事業では、FC大型トラックの導入および他社と共同のエネルギーマネジメントシステムの活用を行いう。これら事業を推進し、EVの運用方法や地域の特性を踏まえた導入優先地域の検討、エネルギーマネジメントなどの知見を得ることで、サステナブル経営の強化に取り組むとしている。

■概要(単独提案事業)
提案事業名:グリーンデリバリーの実現に向けたEVの導入・運用について
研究開発内容:1. EV運用オペレーションの最適化、2.充電電力平準化システムの開発、3.拠点間電力融通システムの開発
実証地域:群馬県全域
実証期間:2022年度~2030年度(予定)

■概要(共同提案事業)
提案事業名:商用電動車普及に向けたエネルギーマネジメントシステムの構築・大規模実証
当社実施内容:1. FC大型トラックの導入、2.FC大型トラックの運用における、他社共同のエネルギーマネジメントシステム活用
実証地域:東京~大阪間/東北間
実証期間:2023年1月~2030年3月(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース