三井物産/物流本部の取扱貨物量減少

2009年08月04日 

三井物産が8月4日に発表した2010年3月期第1四半期決算によると、物流・金融分野の売上総利益は、特に物流分野で物流本部の取扱貨物量の減少を受け99億円となり、前年同期の143億円から44億円減少した。

売上総利益の減少を反映し、営業利益は28億円となり、前期の59億円から31億円の減益を記録した。持分法損益は2億円の損失となり、前期の16億円の損失から14億円改善された。

最新ニュース

物流用語集