LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

富士通/川崎工場を再開発

2011年09月07日/生産

富士通は9月7日、川崎市中原区の川崎工場において、研究開発環境の充実、建屋の老朽化対策、事業継続性の強化などを目的として、再開発プロジェクトを推進すると発表した。

同工場は会社創立当初より主要拠点として使用しており、富士通の研究開発主要拠点として相応しい環境に整備していくことを決定したもの。

プロジェクト概要は、第一期は 2011年から2016年に工場敷地内に新棟を建設し、老朽化建屋を解体する。

第二期は、 時期未定だが、 ビジネス環境に合わせ、さらなる整備を実施する。

■川崎工場
住所:神奈川県川崎市中原区上田中4-1-1
敷地面積:約12万600㎡
勤務従業員数:約1万2000人

■新棟建設について
建設規模:地上12階、地下1階(高さ:約60メートル)
延床面積:約12万㎡
入居部門:川崎工場現状入居部門および富士通研究所(川崎地区)
スケジュール
2011年9月上旬 環境影響評価手続きの開始
2013年度下期 建設工事開始(予定)
2015年度下期 新棟竣工(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

生産に関する最新ニュース

最新ニュース