ソニーサプライチェーン/三井倉庫サプライチェーンに社名変更

2015年04月01日 

三井倉庫ホールディングスは4月1日、ソニーの物流子会社ソニーサプライチェーンソリューション(SSCS)の株式66%を取得し、SSCSが日本、タイ、マレーシアで営むロジスティクス事業を開始したと発表した。

新社名は「三井倉庫サプライチェーンソリューション」(MSCS)。三井倉庫グループ6番目の事業会社として他のグループ事業会社とのシナジーを活かし新たなプラットフォーム型サービスを提供するとしている。

MSCSとともに、グループの一員となるのはオペレーションを担う「ロジスティックスオペレーションサービス」、タイ・マレーシアの現地事業会社「MS Supply Chain Solutions (Thailand) Ltd.」、「MS Supply Chain Solutions (Malaysia) Sdn.Bhd.」の3社。

三井倉庫サプライチェーンソリューションは、エレクトロニクス事業に関するグローバルなオペレーションノウハウと海外事業経験豊富な人材を有しており、特に生産計画と密接に連携した調達物流、工場フォワーディングが強み。

三井倉庫グループはこの合弁事業により、部品等の調達から製造・販売までのサプライチェーン全体を視野に入れた新たなプラットフォーム型サービスを、より多くの顧客に提供する可能性が広がったとしている。同社とのシナジーを通じて、顧客にとって最適なSCMの構築に貢献する一層高品質な物流サービスを提供していくとしている。

■概要
商号:三井倉庫サプライチェーンソリューション(2015.04.01社名変更)
創業:1962年2月
所在地:東京都品川区西五反田1-31-1
資本金:15億5000万円
株主構成:三井倉庫ホールディングス66% ソニー34%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集