阪急阪神エクスプレス/ボッシュグループより表彰

2011年08月04日 

阪急阪神エクスプレスは8月4日、ボッシュグループより「ボッシュ・サプライヤー・アワード」を受賞したと発表した。

<授賞式の様子(左からDr. Karl Nowak/President Corporate Sector Purchasing and Logistics、岡藤社長>
20110804hankyuhan.jpg

同社は、今回初めて「Partnership in difficult times」のカテゴリーで受賞し、東日本大震災後の困難な状況下に、柔軟かつ迅速な対応でボッシュグループの要求に応え、貨物を遅滞なく確実に運送したことなどが高く評価されたもの。

なお、「ボッシュ・サプライヤー・アワード」は、2年間にわたり製品やサービスの供給において、特に品質、価格、信頼性等の点で優れた企業を表彰する制度。同社は、1987年から2年ごとにサプライヤー・アワードを開催しており、12回目となる今回は14か国60社が受賞した。

最新ニュース

物流用語集