Pantos Logistics/タイ・レムチャバンに物流センターオープン

韓国の総合物流企業、Pantos Logisticsは2月17日、タイに物流センターをオープンし、現地での倉庫事業を強化していくと発表した。

Pantosレムチャバン物流センターは、タイのコンテナターミナルであるレムチャバン港近隣に敷地面積4万5000㎡、倉庫面積1万㎡の規模で建設した。

現地の顧客と近隣の工業団地に入居する業者の貨物誘致などを通して、年間最大20万CBMの物動量を処理していく。

近隣の工業団地には、電子や自動車メーカーなど、多数の外資系製造メーカーの工場や協力会社、部品業者などが入居している。

タイ国内の自社トラック保有数を増やし、現地の内陸運送事業を持続的に拡大してきた。タイに続き、現在、インドネシアに建設中の物流センターもオープンする計画だ。

メーカーが必要とする体系的でクオリティーの高い総合物流サービスを提供していくため、 輸出入物流サービス、海外現地物流センターとの輸送、配送インフラ整備を通して、内陸運送サービスの強化に努める。

問い合わせ
パントスジャパン 
管理部
TEL: 06-6531-7223

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集