LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ティーエルロジコム/国際貨物の見える化システム開発

2013年03月06日/国際

ティーエルロジコムは3月6日、新フォワーディング情報システム「G-Fourth(ジーフォース)」を開発し、同社とSBSグループが提供する国際物流サービスに今春より順次投入すると発表した。

<G-Fourth(ジーフォース)>
20130306tllogicom - ティーエルロジコム/国際貨物の見える化システム開発

G-Fourthは、オーダーの受け渡しからPartial&Combine、仲介用I/Vを含む貿易ドキュメント作成、船積手続、梱包・バンニング・出荷~着地でのデリバリーに至るまでフルカバーする国際物流情報システム基盤で、Sea/Air/Truckのマルチモードな輸送にも対応している。

G業務システムと連携することにより、End To Endのプロセスを見える化し、Order進捗・予定やグローバルに展開する在庫状況を見える化し、サプライチェーン効率化を強力に支援する。

「オーダーや船積などの手続や手配状況」、「空・海・陸の輸送状況と遅延検知」、「輸送中在庫も含む統合在庫」、「各種情報を自由にレポーティング」、という4つの見える化を提供する。

既に、アセアン・中国に出荷拠点を持つ日系企業向けの導入を開始しており、ワールドワイドへの展開を目指している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース