日立物流/米物流会社を傘下に、北米事業拡大

日立物流は5月15日、米国の物流会社JJB社の株式を約87%譲受けた。

ネットワーク強化によるグローバル事業の拡大と、フォワーディング事業の強化(3国間事業の拡大、仕入力の強化)を図る狙いで、JJB社の2012年度の売上高は約100億円の規模。

今後、北米事業の拡大として、航空フォワーディング事業と通関事業の強化、日立物流グループ事業(3PL、トラック輸送)との組合せによるサービスレベルの向上を図る。

さらに、香港・上海発着の航空フォワーディング事業の強化のため、インド、中近東、アフリカ向けの新しいサービスルートの確立する。

シナジー効果最大化に努め、各海外地域の事業基盤強化と物流サービスの向上を図り、グローバル物流事業の拡大を目指す。

なお、JJB社の子会社、JJB-Link社の株式を約23%譲受けも合意している。

JJB 社の概要
商号:James J.Boyle & Co.
本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ
代表者:President Greg Kodama
事業内容:フォワーディング事業
資本金:約3.2億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集