内外トランスライン/12月期の売上高、利益が過去最高益

2014年02月10日 

内外トランスラインが2月10日に発表した2013年12月期決算によると、売上高167億9600万円(前年同期比25.3%増)、営業利益11億4200万円(25.8%増)、経常利益12億400万円(23.5%増)、当期利益7億2900万円(58.9%増)となった。

営業面は世界に展開する現地法人各社との相互連携を軸に引続き積極的な営業推進活動を進めたことにより、大幅増収となった。

損益面は、販売費及び一般管理費の削減にも努めた、営業利益、経常利益、当期利益いずれも前年度を大きく上回った。

中期経営計画での売上高180億円、営業利益18億円の目標は、中期経営計画初年度に見舞われた東日本大震災や事業買収の遅れ等により未達に終わったが、売上高において過去最高、また、営業利益、経常利益、当期純利益でいずれも過去最高益となった。

来期は、売上高185億円(10.1%増)、営業利益13億円(13.8%増)、経常利益13億円(7.9%増)、当期利益8億5000万円(16.5%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集