トレイダーズHD/コールドチェーンシステムのMARS Companyと合弁

トレイダースホールディングスは1月5日、コールドチェーンシステム(蔵番熟鮮市場)のインフラ構築や、それに不可欠な技術の研究開発を主体とした会社MARS Companyと、合弁会社を設立検討する合意書を締結したと発表した。

蔵番熟鮮市場は、日本国内の消費者に昨今高まっている旬の味に対するニーズを満たすのみならず、生産物の端境期や特異需要期の影響を回避し安定的な受給や価格に対してのヘッジが可能になる。

生産地からより遠くのマーケット、ひいては海外まで日本の生鮮食材を高鮮度に輸送することが可能になる革新的な物流システム。生産者、物流業、加工業のすべての工程でメリットがあるため、地方活性化の一役を担える・サービスとなる。

トレイダースホールディングスは、証券子会社を中心とした金融サービス事業を展開してきたが、これまで培った国内外のネットワークを活用し、MARS Company の独創的で優れた製品サービスの販売を共同事業として展開して行くことを目的に合弁会社を設立する協議を開始することに合意したもの。

■合弁相手先の概要
名称:MARS Company
所在地:群馬県高崎市問屋町西1-1-2
事業内容:非熱エネルギー製品の開発・製造・販売・冷凍冷蔵設備の設計及びコンサルティング・冷蔵・冷凍・製氷・解凍装置製造販売・産地流通ネットワーク構築
資本金:3500万円
設立年月日:2009年6月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集