LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川急便/中国からアマゾン物流センターへの納品、一括サポート

2015年11月18日/物流施設

佐川急便は11月18日、中国から商品を輸入し総Amazon.co.jp(アマゾン)の物流センターへ納品している出品者に対し、すべての業務をワンストップで対応する検品サービスの提供を開始したと発表した。

現地サプライヤーの荷受けから、検品・ピッキング・配送ラベルの発行・貼付・通関・国内配送等を行うもので、中国において、佐川急便グループの現地法人の保利佐川物流が商品の荷受けから、検品・ピッキング・配送ラベルと佐川急便国内荷札の貼付・仕分け・梱包・輸出通関などを行う。

輸入業務についてはSGHグローバル・ジャパンが担当、国内配送を含めた入荷までのすべての業務を一括してグループで請け負うことで、複数社へ依頼していた煩雑な業務が窓口の一本化により、簡素化され、リードタイムの短縮とともに、業務効率の向上を実現する。

サービスは、アマゾンの全国9か所の物流センターへ配送をしている中で、中国から商品を輸入して納品する出品者が、中国から国内のセンターへの物流に課題を抱えているということが分かり、サービスを開始した。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース