ヒガシ21/ATM機器の輸送会社を子会社化

2015年11月27日 

ヒガシトゥエンティワンが11月27日、ユートランスシステムの株式を取得し、子会社化すると発表した。

株式譲渡実行日は2016年1月4日予定。

ユートランスシステムは、金融機関向けATM機器の輸送・設置を中心として運送事業と倉庫事業を展開している。

買収によりユートランスシステムは、ヒガシ21の車両、倉庫等の共同利用を通じた効率的な事業運営や営業網を利用した事業拡大が可能となる。

ヒガシ21でも、ユートランスシステムがATMの輸送・配送を通じ培ってきた信用やノウハウを吸収・融合することで、新たな分野での事業展開が可能となると判断し、ユートランスシステムの全株式取得を決議したもの。

■異動する子会社(ユートランスシステム)の概要
名称:ユートランスシステム
所在地:大阪府大阪市中央区南船場2-11-9
事業内容:貨物自動車運送事業、倉庫事業等
資本金:2800万円
設立年月日:1967年12月9日
2014年12月期:純資産1億8500万円、総資産2億6800万円、売上高3億5700万円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集