日本梱包運輸倉庫/長野県松本市に倉庫竣工

2016年06月07日 

日本梱包運輸倉庫は6月7日、松本営業所を移転するとともに、新倉庫を竣工し、事業を開始したと発表した。

<倉庫外観>
倉庫外観

<内観>
内観

<位置図>
位置図

松本営業所は、長野自動車道長野ICと安曇野ICより約5km、国道19号線にも隣接する交通アクセスの良い立地条件にある。好立地を活かし、更なる業務拡大・新規業務獲得を目指すとしている。

■概要
所在地:長野県松本市島内8012-1
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫 第1類倉庫)
敷地面積:2万4259.77m2
構造・規模:鉄骨造 倉庫 地上2階建
建築面積:5318.52m2
高さ:有効高さ1F:梁下有効 6.00m、2F:水下梁下有効 4.99m
延べ床面積:倉庫 7711.04m2
床耐荷重:1F:1.5Ton/m2、2F:1.5Ton/m2
貨物用ELV:2基(4.5Ton)
その他 ・流通加工場 354.54m2
・自走農機用スロープ1基
・トラック掘り込みバース(45fコンテナー対応)1基
・ドックレベラー1基
・大庇荷捌き場 1131.60m2
・モータープール 320台
・貨物パレット一体型包装装置1台
・非常用発電機1台
・非常用通信設備(衛星通信機器)1台
・太陽光発電設備設置(屋根上)
・自家用スタンド(30KL地下タンク1基)

最新ニュース

物流用語集