佐川急便、小田急/小田急線新宿駅で手ぶら観光サービス、試験運用

2016年06月13日 

佐川急便と小田急電鉄は6月14日、小田急線新宿駅西口構内に宅配カウンターを設置し、6月14日から手ぶら観光サービスの試験運用を開始する。

<宅配カウンター設置イメージ>
20160613sagawaodakyu1 500x666 - 佐川急便、小田急/小田急線新宿駅で手ぶら観光サービス、試験運用

<宅配カウンターに近接する外国人専用案内所「小田急外国人旅行センター・新宿」>
20160613sagawaodakyu2 500x332 - 佐川急便、小田急/小田急線新宿駅で手ぶら観光サービス、試験運用

<概要図>
20160613sagawaodakyu3 - 佐川急便、小田急/小田急線新宿駅で手ぶら観光サービス、試験運用

新宿駅を利用する訪日外国人旅行者が年々増加することを受けて、利用者の利便性向上を目的に、「新宿駅西口宅配カウンター」を開設し、利用状況等によって今後の運営体制を決める。

新宿駅西口宅配カウンターでは、宿泊先ホテルや羽田空港、成田空港への当日配送サービスを提供する。これにより観光客が手荷物を持って移動するという煩わしさから解放される。

新宿駅周辺や近隣各所を観光する人には、手荷物一時預かりサービスを提供することにより、身軽に、かつ快適な手ぶら観光を提供。

カウンターは訪日外国人旅行者の利用も視野に、多言語(英語・中国語)に対応することが可能となっており、国土交通省から「手ぶら観光」のサービス拠点としての認定を受けた。

試験運用は当面の間、8時から21時(無休)まで行う。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集