LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

G6アライアンス/北米航路でサービス改編

2016年07月25日/国際

定期コンテナ船共同運航組織G6アライアンスは7月22日、アジア~北米航路のサービス改編を決定した。

改編するサービスは、CC2(CC1/CC2 COMBOに改編)で、寄港地は青島-寧波-上海(外高橋)-光陽-釜山-ロサンゼルス/ロングビーチ-オークランド-釜山-青島。

往航は2016年7月30日青島寄港、復航は2016年8月18日ロサンゼルス/ロングビーチ寄港からサービス開始する。

休止するサービスはCC1の青島-上海(外高橋)-光陽-釜山-ロサンゼルス-オークランド-釜山-光陽-青島。

往航は2016年6月12日青島寄港、復航は2016年6月30日ロサンゼルス寄港でサービスを休止する。

なお、G6アライアンスは日本郵船(日本)、商船三井(日本)、APL(シンガポール)、Hapag-Lloyd(ドイツ)、現代商船(韓国)、OOCL(香港)の6社で構成され、2012年3月にアジア/北欧州航路、アジア/地中海航路でサービスを開始、2013年5月にはアジア/北米東岸航路に協調範囲を拡大し、2014年5月にはアジア/北米西岸航路と大西洋航路に協調範囲を拡大している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース