丸和運輸機関/4~9月の売上高9.9%増、営業利益14.4%減

2017年10月31日 

丸和運輸機関が10月31日に発表した2018年3月期第2四半期決算は、売上高358億4400万円(9.9%増)、営業利益18億1600万円(14.4%減)、経常利益19億3700万円(14.3%減)、当期利益13億3600万円(10.5%減)だった。

物流事業は、売上高354億2800万円(10.0%増)、営業利益16億9000万円(14.9%減)。

利益面では、各荷主に対する料金交渉と日次決算マネジメントの強化に努めたが、稼働車両の不足に伴う輸送コストの増大が大きな負担となっている。

天候不順による物量減や一部料金改定の遅れに加え、「ECラストワンマイル当日お届けサービス」における配送拠点と車両・人員確保等の事業立ち上げに伴う一時費用並びに将来のEC事業の拡大に向けた先行投資が影響した。

通期は、売上高720億円(7.2%増)、営業利益49億5000万円(12.5%増)、経常利益50億円(8.4%増)、当期利益32億1000万円(4.2%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集