LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

札幌通運ほか/東北地方太平洋沖地震に伴う集配状況発表

2011年03月14日/3PL・物流企業

札幌通運、ロジネットジャパン、中央通運は3社連名で3月12日、東北地方太平洋沖地震対策本部を設置し、現状の把握と情報収集に努めると発表した。

配送遅延エリアは、北海道(函館地区、浦河地区、釧路地区)、東北全域、関東を中心に配送遅延が発生しているとしている。

トラック輸送(フェリー)については、津波警報が解除されるまで北海道、東北、関東の太平洋側各港に入港できないことと、各港のヤード立ち入りが禁止されているとして、事実上営業できない状況。

また、JRコンテナ輸送については、脱線や冠水の影響により、東北・関東各地においてJRコンテナが運転中止。津波警報が解除されるまで、線路点検が不可能な状況にあり、現在のところ復旧の目途はたたなく、関東以西のエリアについても配送遅延がでているとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース