マルイチ産商/ITの積極活用で全体最適化

2011年05月13日 

マルイチ産商は5月13日、中期経営計画(2011年度~2013年度)を策定し、営業、事務、物流の効率化を推進するために、ITをより積極的に活用し、全体最適化による生産性の向上を図ると発表した。

さらに物流拠点ネットワークの再構築により販売費と一般管理費の抜本的なコスト削減を実現することで、利益額の確保を図る。

物流構造改革、人事戦略再構築、収益管理革新を基軸に、分業と協業を両立させた全体最適を実現する。

ロジスティクスの全社的革新による営業力強化として、在庫の一元管理と保管コスト削減のために、在庫拠点を集約化、得意先別の販売コストを削減するために、配送拠点を見直し、商品調達力の強化とコスト削減のために、調達ネットワークを整備する。

情報システムを活用した業務改革による効率化として、IT化をべ一スとして受発注業務をセンターに一元集約と営業・事務・物流間のデータ連携による効率化、事務業務を事務センターに集約し、間接コストを削減を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集