商船三井ロジスティクス/海上貨物輸送の組織改編

2011年08月03日 

商船三井ロジスティクスは8月1日付で海上貨物輸送に関連する組織を改編した。

従来は海上輸送部で日本発着(京浜地区)のコンテナ海上貨物を一元管理していたが、今後は海運業務部と海運営業部の二部体制とし、体制の強化と顧客サービスの充実を図る。

海運業務部には、NVOCCオペレーショングループ、輸出グループと輸入グループの3グループを設置。京浜地区のカスタマーサービス・オペレーション業務に加え、海上貨物に関するグローバルな方針策定と統括業務を行う。

海運営業部には営業開発グループを設置、京浜地区の海上貨物の営業を集約し、高品質の専門知識を持った営業を展開する。

また、引越・クーリエグループは旧海上輸送部より分離し、独立組織とした。

なお、昨年、タイ(東南アジア)と中国(東アジア)に海上貨物の地域統括担当者を配置し、同地域の海上貨物の拡大に対処してきたが、今回の改編によりそれら地域との連携を一段と強化し、日本発着の海上貨物と日本以外での三国間の海上貨物の取扱いの拡大を図る体制を強化する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集