ヤマトHD/電話オペレーター育成施設を宮城県に開設

2011年11月24日 

ヤマトホールディングスのグループ会社のヤマトコンタクトサービス(YCS)は12月1日、宮城県登米市に電話オペレーター育成施設「登米トレーニングステーション」を開設する。

YCSが、宮城県登米市の「2011年度緊急雇用創出事業 登米市震災対応人材育成事業(起業型)」を受託したためで、被災により失業した人々が仮設住宅や自宅で電話オペレーター業務を行えるようトレーニング施設を整備する。

業務受託期間終了後も、同地でトレーニングセンターを継続運営し、被災地の就業支援、東北地域でのサービスレベル向上と事業拡大を図る。

■登米トレーニングステーション施設概要
名称:ヤマトコンタクトサービス 登米トレーニングステーション
所在地:宮城県登米市中田町石森字室木160-1
その他:研修用スペース・機材の他に、実業務可能なコールセンター機器(在宅用システム、受電機器等)を備え、教育と実務機能を兼備
トレーニング内容
座学研修:コールセンター業務の基礎・応用など
実技研修:パソコンや在宅システムの操作方法など
OJT研修:実際の業務に従事

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集