ジョーンズラングラサール/中国の物流施設需要は依然堅調

2011年11月24日 

ジョーンズラングラサールは11月24日、2011年第4四半期グローバル不動産市場の見通しを発表し、中国では、物流施設の需要は依然堅調としている。

需要の多くは、e コマース業者、小売業者、3PL、自動車メーカーからのもの。

欧州全土において、経済の先行き不透明感がテナント企業の警戒感を高めており、ドイツ、ポーランド、ロシアはより高い回復力を見せているが、全般的には大型の賃貸借契約やビルド・トゥ・スーツ型の新規開発は減少している。

アジア・パシフィックでの賃料は着実な上昇を続けており、北京と香港では対前期比で最も高い上昇率を記録し、空室率は3%を下回っている。

最新ニュース

物流用語集