メディアサポート/4~12月の売上高39.9%増、営業損失505万円

2012年02月15日 

メディアサポートが2月15日に発表した2012年3月期第3四半期決算によると、売上高は2億2174万2000円(39.9%増)、営業損失505万4000円(営業利益91万2000円)、経常損失519万1000円(経常利益26万5000円)、当期損失407万6000円(当期利益26万4000円)だった。

事業拡大を目的とする先行投資が原価と販管費を圧迫させたため、当期の営業利益は40万4000円減、経常利益は47万4000円減となった。

霊柩運送事業では、寝台車両2台、霊柩車両2台の計4台を増車し、ドライバー4名を増員した。また、シェア拡大のため、衣浦物流(愛知海運 100%子会社)と資本業務提携を行い、知多・三河エリアへのサービス提供体制を強化したほか、配車効率を高めるため、GPS付無線機の導入と低稼働車両の搬送価格の一部改定を行った。

通期は、売上高3億3389万6000円、経常利益383万5000円、当期利益268万4000円の見通し。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集