三井物産/物流子会社を合併

2012年03月07日 

三井物産は3月7日、物流子会社であるトライネット・ロジスティクス(以下:TNL)と三井物産ロジスティクスマネジメント(以下:MLM)を、4月1日付で合併すると発表した。

TNLを存続企業とする吸収合併となる。

経営統合により、両社が持つ人材、機能を有機的に統合し、業容拡大と収益基盤の強化に繋げる。

TNLが強みとする倉庫業や流通加工業等のノウハウと、MLMが有する物流改善コンサルティングや低温物流センター運営等のノウハウを融合させ、ワンストップでの営業力・提案力を高めるための陣容整備を図る。

■合併当事者の概要
商号:トライネット・ロジスティクス(合併会社)
所在地:東京都中央区日本橋本町1-7-2
設立年月:1952年2月
主な事業内容:倉庫業、国内運送業、通関業、流通加工業、不動産賃貸業、メディカル物流
決算期:3月
資本金:10億円
売上高:284億円(単体、2011年3月期)
従業員数:1800名
主な事業所:東京、市原、市川、横浜、神戸、福岡、埼玉
株主:三井物産100%

商号:三井物産ロジスティクスマネジメント(被合併会社)
所在地:東京都千代田区神田淡路町1-4-1
設立年月:2006年4月
主な事業内容:物流改善コンサルティング、低温物流センター運営、管理(ノン・アセット型3PL)、BPO(Business Process Outsourcing)マネジメント、物流情報システムの企画、設計
決算期:3月
資本金:1億円
売上高:48億円(単体、2011年3月期)
従業員数:32名
主な事業所:東京、大阪
株主:三井物産100%

最新ニュース

物流用語集