SAS/アドバンスド・アナリティクス分野でトップシェア

2012年07月30日 

SAS Institute(以下:SAS)は、アドバンスド・アナリティクス(データマイニング、統計解析などの高度な分析)分野で他社を大きく引き離し、世界各地の多数の企業においてSASの採用が拡大していることが、米国調査会社IDCのレポート「WorldwideBusiness Analytics Software 2012-2016 Forecast and 2011 Vendor Shares」によって明らかとなったという。

IDCによると、アドバンスド・アナリティクス分野におけるSASのマーケットシェアは、2010年の34.8%から上昇し、35.2%となった。これは、レポートに記載されたSAS以外のアドバンスド・アナリティクス・ベンダー各社のシェアの合計をも上回る割合であり、第2位のIBMのシェアは、16.8%だった。

このほか、ビジネス・インテリジェンス・ツール、データウェアハウス・プラットフォーム、パフォーマンス・マネジメント、エンドユーザー向けクエリ&レポーティング・ツール、サプライチェーン分析など、ビジネス・アナリティクスに関連するそれぞれの分野でも、SASはトップ5のプロバイダーに選出されている。

IDCによると、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェア市場全体の2011年の成長率は14.1%であり、2016年までの年平均成長率(CAGR)は9.8%と予測している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集