大和ハウス工業/旧札幌工場跡地にメガソーラー

2012年12月14日 

大和ハウス工業と大和エネルギーは12月14日、北海道恵庭市の旧札幌工場跡地に、総出力1.82MW(メガワット)のメガソーラーの建設に着手し、2013年4月より、発電した電力を北海道電力へ売電すると発表した。

グループでは、東日本大震災後の電力供給不足への対応と低炭素社会の実現を見据え、メガソーラーによる「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用した売電事業に取り組む。

今後も大和ハウスグループでは、自治体や各企業が保有する未利用地などを活用したメガソーラーの計画について、創業以来培ってきた技術力を活かし、企画から開発、工事、運営管理までワンストップのサービスを提案するとともに、2014年度までに太陽光発電と風力発電をあわせて計70MWの再生可能エネルギーによる発電事業に取り組む。

■太陽光発電所の概要
名称:(仮称)旧札幌工場太陽光発電所
所在地:北海道恵庭市白樺町4-2-1
敷地面積:約3万8000㎡(全体敷地面積は14万3889㎡)
着工:2012年12月3日
竣工:2013年3月31日(予定)
太陽光発電システム設置容量:1.82MW(モジュール容量)
太陽光発電モジュール:単結晶シリコンセル(7,020枚※2)
発電事業者:大和エネルギー
発電開始時期:2013年4月(予定)
発電事業期間:2013年4月から2033年3月末(予定)
年間予定発電電力量約165万kWh(348世帯分の電力量に相当)
年間売電売上:約6600万円(見込み)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集