凸版印刷/270億円投じ、群馬に軟包材生産拠点

2013年02月22日 

凸版印刷は2月22日、現在建設を進めている新群馬工場を海外の軟包材生産拠点のマザー工場と位置づけ、最新鋭の設備を導入し、生産能力の向上を図ると発表した。

<新群馬工場の完成予定図>
20130222toppan - 凸版印刷/270億円投じ、群馬に軟包材生産拠点

2014年春に竣工予定の新工場は、ハイバリア軟包材を中心に、食品や医療・医薬品などさまざまな用途・製品に使用される最先端の包装材を生産する。

生活者やメーカーからのより高い衛生性や、保護機能のニーズに応え、迅速かつ安定的な供給体制を整えるとしている。

今後、食品やトイレタリー向けをはじめ、高い機能性が求められるヘルスケア製品など成長が見込まれる分野に向けて、包装材を供給していく。

■新群馬工場概要
所在地:群馬県邑楽郡明和町大輪(明和第三工業団地 内)
敷地面積:15万4000㎡
延床面積:6万9577㎡
着工:2012年11月
竣工予定:2014年3月
製造品目:包装材料
投資金額:約270億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集