大同特殊鋼/200億円投じ、製鋼工場の溶鋼搬送ライン物流を整流化

2013年12月19日 

大同特殊鋼は12月18日、知多工場の製鋼プロセスの抜本的な合理化建設を進めてきたが、11月16日に稼働を開始し、竣工した。

投資額は約200億円で、製鋼工場内の溶鋼搬送ラインの物流を整流化し、連続鋳造機の能力をフルに発揮させることにより戦略商品群の品質・コスト競争力向上を狙いとしたもの。

150トン大型電気炉1基を新たに導入し、エネルギーの高効率化と溶解・精錬機能の向上を目指している。

最新ニュース

物流用語集