日本梱包運輸倉庫/イトー急行を子会社化

2013年12月21日 

日本梱包運輸倉庫は12月21日、イトー急行の株式取得し、子会社化すると発表した。

中部地区を中心に事業展開を行うイトー急行をグループ化することにより、中部地区での事業基盤の強化を図る狙い。

互いに有する業務運営等のノウハウやサービス網の活用により、顧客に広範囲な物流サービスを提供する。

イトー急行の株式の59.9%を来年1月30日に譲受する。

■イトー急行の概要
所在地:愛知県瀬戸市共栄通7-11
代表者:代表取締役社長鈴木正夫
事業内容:特別積合せ貨物運送事業、一般貨物自動車運送事業、物流センター事業、倉庫業
資本金:8000万円
設立年月日:1967年11月10日
株主:伊藤容子28.1%、頼末文恵28.1%、従業員持株会27.0%他
イトー急行の株式の59.9%を来年1月30日に譲受する。
2013年6月期の業績:売上高58億6700万円、営業損失1億3600万円、経常利益4200万円、当期利益1500万円

最新ニュース

物流用語集