日本郵船/世界初のLNG燃料供給船を建造

2014年07月02日 

日本郵船は7月2日、液化天然ガス(LNG)を燃料とする船舶への燃料供給を目的とした世界初のLNG燃料供給船の造船契約を韓進重工業と締結したと発表した。

<LNG燃料供給船のイメージ>
20140702nyk

日本郵船はGDFスエズ(GDF SUEZ)、三菱商事とLNG燃料供給事業のグローバルな市場開拓に関する協議を続けてきたが、5月13日に3社基本合意書を締結し、6月30日、LNG燃料供給船の建造と欧州域内でのLNG燃料販売事業へ参画することに合意した。

LNG燃料供給船は2016年に竣工予定で、ベルギー・Zeebrugge港を拠点に、LNGの供給を行う。

供給先は、日本郵船グループが2014年3月に発表したUnited European Car Carriers社のLNGを燃料とする自動車専用船をはじめ、主に北海・バルト海域を航行するLNG燃料船をターゲットとしていく。

共同事業者のGDF SUEZは日本郵船の運航するLNG船の用船者であり、LNG船の共有事業を通じてLNG輸送に関する事業ノウハウを共に培ってきた。また、三菱商事とは従来のLNG船事業に加えLNG事業の上流権益であるキャメロンプロジェクトを通じ、協力体制を構築してきた。

今後はこの3社によるパートナーシップを活かし、LNG燃料供給船の共同保有とLNG燃料の販売を行う共同出資会社を設立することにより、まずは欧州での販売体制を確立し、将来的には米国やアジアなどでグローバルな事業展開を目指す。

■LNG燃料供給船の概要
LNG積載容量:5100立方m
総トン数:6000トン
全長:約100m
全幅:17.8m
主機関:Duel Fuel(低硫黄Marine Gas Oil, Marine Diesel Oil及びLNG)
造船所:Hanjin Heavy Industries & Construction、Yeongdo Shipyard(釜山)
竣工予定:2016年

最新ニュース

物流用語集