住商リアルティ・マネジメント/私募リートの運用開始、物流施設も投資対象

2015年01月09日 

住友商事の子会社の住商リアルティ・マネジメントは1月9日、非上場オープンエンド型私募不動産投資法人「SCリアルティプライベート投資法人」(SCRP)を組成し、運用を開始したと発表した。

SCRPは、約324億円で私募リートの運用を開始。開始当初の取得物件は、住友商事が保有している都心3区に所在するオフィスビル2棟、住友商事が主導的に開発した首都圏に所在するオフィス・商業・ホテル大規模複合開発物件、大阪市の中核ビジネスエリアに所在するオフィスビル、計4物件により構成されている。

今後も、オフィスビル、商業施設、物流施設、住宅系施設、ホテルなどの資産を投資対象とする総合型私募リートとして、3年後に1000億円、5年後に2000億円規模まで拡大することを目標としている。

SCRPは、住友商事がメインスポンサーとなる唯一のリートであり、住友商事の物件供給能力、住友商事グループ各社の不動産運営ノウハウを最大限に活用するなど、グループの総力を挙げて長期的かつ持続的な成長を目指すとしている。

■SCRPの概要
名称:SCリアルティプライベート投資法人
形態:非上場オープンエンド型私募不動産投資法人
運用会社:住商リアルティ・マネジメント
募集形態:適格機関投資家限定
投資対象:総合型(オフィスビル、商業施設、物流施設、住居系施設、およびホテル)
当初資産規模:約324億円
投資法人の設立:2014年8月1日
運用開始時期:2015年1月9日

最新ニュース

物流用語集