LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井ロジスティクス/メキシコで自社倉庫を運営開始

2015年04月07日/国際

商船三井ロジスティクスは4月7日、メキシコ現地法人イラプアト支店を4月1日付で移転し、同時にメキシコ国内では初となる自社倉庫の運営を開始したと発表した。

メキシコ国内ではこれまでアグアスカリエンテス(Aguascalientes)で協力企業の倉庫を活用し保管業務を提供してきたが、今後はイラプアトでもディストリビューション・サービスの提供が可能となった。

一般貨物だけでなく、引越荷物の一時保管や輸出時の梱包作業も行う。

危険品・保冷品にも対応し得る多機能倉庫とするよう、サービスメニューの拡充を図っていくとしている。

イラプアト支店は2013年5月に営業開始以来、メキシコ中央高原バヒオ地区で航空・海上・陸上輸送をはじめ生産設備や周辺部材の据付・組立補助、また技術者・赴任者の移動に伴う海外引越等を中心に営業基盤を築いてきた。最近ではこれらサービスに加えて、集配送・一時保管を含めたディストリビューションに関するニーズが高まってきていた。

■概要
名称:MOL Logistics Mexico, S DE R.L.DE C.V., Irapuato Branch
所在地:Manuel Guerrero Aguilera No.215COL. Plan de Guanajuato, Irapuato, GTO., CP36510, MEXICO
TEL:+52-462-624-0008(変更なし)
MLG/MTY-ALL@mol-logistics.com
倉庫面積:1200㎡
機能:一般倉庫

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース