LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

アルプス物流/韓国で初の自社倉庫、稼働

2015年11月19日/物流施設

アルプス物流は11月19日、韓国の現地法人・韓国アルプス物流が、韓国・光州広域市に同国で初の自社倉庫を建設し、竣工したと発表した。

<完成した光州支店の新倉庫>
20151119alps 500x375 - アルプス物流/韓国で初の自社倉庫、稼働

新倉庫は、全館空調完備のもと温度・湿度管理が可能で、顧客のニーズの高い帯電防止、防塵対策など、アルプス物流の主要貨物である電子部品と半導体に最適な環境を整える。

光陽港に近く、釜山港へのアクセスも良好な立地にあり、海上貨物を扱う輸出入拠点としても利用できる。倉庫内には保税倉庫も有しており、非居住者在庫の運用も可能。

光州広域市では、賃借倉庫で事業を行ってきたが、電子部品・自動車関連部品メーカーが集積する同地で、昨今の取扱貨物量の増加とさらなる需要の増加が見込まれることから、新倉庫を建築し、移転した。

■概要
名称:韓国アルプス物流 光州支店
所在地:韓国光州広域市光山区真谷産団中央路 105
105, Jingoksandanjungang-ro, Gwangsan-gu, Gwangju, Republic of Korea
TEL:+82-62- 961-2461
倉庫面積:7068m2 (保税倉庫:1012m2含む) 3階建て
稼働開始日:2015年11月9日

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース