レンゴー/淀川工場閉鎖

2016年02月02日 

レンゴーは2月2日、大阪市福島区の淀川工場を閉鎖し、段ボール原紙の生産拠点を5工場に集約すると発表した。

淀川工場はレンゴーグループでのライナ原紙生産拠点の1つだが、抄紙機の導入から40年以上が経過して設備の老朽化・旧式化が進み、存続させる場合に必要となる設備の維持・更新投資等も考慮し、同工場の2年後の閉鎖を決定した。

淀川工場の閉鎖に先立ち、福井県あわら市の金津工場で現在中芯原紙を生産している抄紙機をライナ原紙も併抄可能な設備へと改造することにより、グループ内で中芯原紙とライナ原紙の生産比率の見直しを行い、需要に見合った最適な生産体制の構築を進めていくとしている。

淀川工場が生産している段ボール原紙は、金津工場を含む他工場へ生産移管する。

■淀川工場の概要
所在地:大阪府大阪市福島区大開4-1-186
敷地面積:4万3906m2
事業内容:段ボール原紙(ライナ)の製造
従業員数:58名
閉鎖の日程:2018年3月末(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集