LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸/高校生経営セミナー、熊本県立八代高校が優勝

2016年02月15日/IT・機器

ヤマト運輸は2月15日、ジュニア・アチーブメント日本と共同で、社会の仕組みや経済の働きを学ぶ教育プログラム「第10回ヤマト運輸高校生経営セミナー」を開催したと発表した。

<最終発表会を終えて>
20160215yamato 500x201 - ヤマト運輸/高校生経営セミナー、熊本県立八代高校が優勝

テーマは「新たな地域・生活支援の企画立案」。19チームの高校生が約6か月間活動した。昨年の8月にヤマト運輸の社員がメンター(助言者)として高校生を職場に案内し、現在行っているサービスを説明。

その後、高校生がテーマに基づいた企画の立案に取り組み、1月30日に企画内容を東日本・西日本の地区予選会で発表した。2月13日、予選会を勝ち抜いた国内9チームとシンガポールの選抜1チームを加えた全10チームが、ヤマト運輸本社にて行われた最終発表会に参加。長尾社長を含むヤマト運輸の経営陣の前で発表した。

なお、優勝は熊本県立八代高等学校で、発表テーマはクルーズ宅急便(クルーズ客船利用者向けサービス)。クルーズ客船の寄港数が激増しているという八代の現状を背景に、「物流が人流を変革する」というキャッチコピーのもと「クルーズ宅急便」というサービスを提案。地域、船会社、ヤマト運輸の三者それぞれにメリットがあり、すぐにでもサービス化できるような実現性の高さが評価された。

準優勝は長野県立屋代高等学校でねテーマはおもてなしみんパック(空き家を活用した民泊サービス)、第3位は武相高等学校でテーマはMOTTAINAI・PROJECT(フードロスへの取り組み)。

同社は2006年より「ヤマト運輸高校生経営セミナー」を開催している。この活動を通じて、高校生が広い視野で社会との関わりを認識し、自らの意志で進路を開拓するきっかけとなるよう支援している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース