LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

郵船ロジスティクス/ジャカルタ・ハリム空港で輸入オペレーションを開始

2016年03月07日/国際

郵船ロジスティクスは3月7日、インドネシア法人の Yusen Logistics Indonesiaがインドネシア・ジャカルタ第二の空港であるハリム国際空港で、通関、配送などの航空輸入オペレーションを自営で開始したと発表した。

インドネシア法人はハリム空港での輸入オペレーションを開始し、空港到着から顧客への配達まで自社による一貫サービスを提供できるようになった。

空港上屋内での貨物状態の確認や通関へのきめ細かな対応、トラック積み込み時の立ち会いなど各種輸送管理をスムーズに実施する。新サービスでは緊急性の高い貨物への輸送需要に応える。

なお、ジャカルタ中心部の南東15kmに位置するハリム国際空港はジャカルタ第二の空港で国内線を中心に航空会社が就航し、国際線は貨物専用便が2社運航(シンガポール-ハリム)している。

ハリム空港は、多くの日系企業が集積しているジャカルタ東部の工業団地へ至便な立地にあり、顧客にタイムリーに届けることができるメリットがある。

インドネシアの玄関口であるスカルノハッタ空港からの陸送に比べてジャカルタ中心部の交通混雑を避けられることから、輸送時間を大幅に短縮する。

■スカルノハッタ空港とハリム空港の輸送時間比較例
ルート:スカルノハッタ空港-MM2100 工業団地
輸送時間(通常時):約120 分
輸送時間(渋滞時):最大約300分
ルート:ハリム空港-MM2100工業団地
輸送時間:約30分

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース