インドネシア日通/中部ジャワ州スマラン市に営業所開設

2016年03月07日 

インドネシア日通は3月1日、インドネシアの中部ジャワ州スマラン市、営業所を新設した。

スマラン市は、インドネシア・ジャワ島第三の都市(人口139万人)で、首都圏から移転してきた企業・工業が多く、特に繊維産業が盛ん。

首都ジャカルタや東ジャワ州スラバヤ(インドネシア第二の都市)などに比べて賃金が比較的安価であることから、近接するソロ市などと共に、近年経済圏が拡大している。

スマラン空港を活用して、自動車部品や衣料・靴などのアパレル関連を中心とした航空貨物輸出入フォワーディング業務に取り組む。

■インドネシア日本通運スマラン営業所概要
所在地:WISMA HSBC, JL.GAJAH MADA NO.135, PEKUNDEN,SEMARANG,JAWA TENGAH 50134
駐在員:3名(日本人・1名(兼務)、ナショナルスタッフ・常駐2名)

最新ニュース

物流用語集