井本商運/被災地へ八代港~博多港の海上コンテナ輸送航路、臨時開設

2016年04月22日 

井本商運は4月22日、国土交通省の呼びかけに応じ、熊本地震による被災地域と北部九州間を結ぶ、熊本県八代市の八代港~福岡市の博多航路を23日より臨時開設すると発表した。

<航路図>
20160422imoto1 500x259 - 井本商運/被災地へ八代港~博多港の海上コンテナ輸送航路、臨時開設

<南進丸>
20160422imoto2 500x300 - 井本商運/被災地へ八代港~博多港の海上コンテナ輸送航路、臨時開設

熊本地震の被災地では、九州の南北を結ぶ幹線道路の混雑等により、生活物資の安定供給、被災地域の企業等の安定的な物流ルート確保が求められている。

この状況に鑑み、八代港を拠点に、九州の南北を結ぶ「海上バイパス航路」を臨時開設し、生活物資の安定輸送や今後の被災地域の産業活動の復旧を支援していく。

■航路及び使用船舶
航路:八代港(熊本県八代市)~ 博多港(福岡市)
使用船舶:南新丸(積載可能コンテナ数:72TEU)
初便の就航時期・所要時間:4月23日(土)16時八代港発、4月24日(日)18時博多港着
所要時間:約16時間

その後のスケジュール
4月中は1往復/週
毎週月曜日:八代港発 ⇒ 火曜日:博多港着
毎週火曜日:博多港発 ⇒ 水曜日:八代港着
5月以降は需要に応じて増便検討

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集