SBSロジコム/Webの施設移転サービスを全面リニューアル

2017年12月13日 

SBSロジコムは12月13日、自治体、病院、図書館、学校、オフィス、物流センターなどの施設移転に関するサービス内容を整理し、Webサイトの施設移転サービスページを全面リニューアルしたと発表した。

<施設移転サービスのトップページ>

SBSロジコムは、各種施設の移転に伴い必要となるさまざまな業務を代行するサービスを提供している。現在、用意している具体的なサービスメニューは、「コンサルティング」、「移転作業」、「各種工事」、「廃棄代行」、「調達代行」、「物品保管」など。

施設移転は、規模が大きくなればなるほど内容が複雑になり、管理の手間と時間を要する。顧客は、これらのメニューを利用することで、計画から実行まで長期間を要することもある移転プロジェクトを、円滑、そして低コストで遂行することが可能になる。

これまでの実績とノウハウをベースにした「施設別ソリューション」を用意。市役所や区役所の庁舎を対象にした自治体移転、入院患者の搬送までをカバーする病院移転をはじめ図書館、学校、オフィス、物流センターなどの施設別の移転を紹介している。

企業や団体では、組織改編等によるレイアウト変更や小規模な引越から事業拡大等による施設の統合、分離、新設などの大規模な移転まで、さまざまな移転が行われている。一方、担当する部署にとって移転は期限内に確実に完了しなければならない負担の重い仕事だ。

■施設移転サービス
http://www.sbs-logicom.co.jp/lgcm/physical/relocation/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集