LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

JR貨物/11月のコンテナ貨物輸送量2.9%増

2017年12月13日/調査・統計

日本貨物鉄道(JR貨物)が12月13日に発表した11月の輸送動向によると、コンテナ貨物の輸送実績は200万2000トン(前年同月比2.9%増)、車扱は80万5000トン(1.3%減)となった。

今月は、中旬に発生した東海道線落石等の影響により、月全体で高速貨14本が運休となった(前年は、高速貨57本、専貨6本が運休)。台風18号の影響で不通となっている日豊線については、トラックによる代行輸送を実施している。

コンテナについては、積合せ貨物がドライバー不足を背景に鉄道へのシフトが続き、関東・東海・関西発九州向けを中心に好調に推移した。

食料工業品では大阪発北陸向けのビールに加え、北海道の菓子、山陰地区の飲料が順調に推移した。農産品・青果物では北海道の生野菜の出荷が旺盛となったほか、東北・富山地区の民間流通米の出荷が堅調であった。

自動車部品では関東・九州間で荷量が大きく落ち込んだものの、全体としては前年を上回った。

一方、家電・情報機器は関東・関西地区からの発送が低調となり、前年を下回った。その結果、コンテナ全体では前年比2.9%増となった。

車扱は、配送圏の見直しに伴い鉄道シフトが進む石油が好調に推移したが、セメントでは定期修繕時期が変更となったことから、前年を大きく下回った。その結果、車扱全体では前年比1.3%減となった。

コンテナ・車扱の合計では、前年比1.7%増となった。

関連記事

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース