JRC/積み付け作業自動化、ロボットパレタイズシステム販売開始

2020年10月07日 

JRCは10月7日、同社のロボット・SI事業「ALFIS(アルフィス)」が、段ボールケースのパレット積み付け作業を自動化する「ロボットパレタイズシステム」を2020年11月より販売開始すると発表した。

<ALFIS ロボットパレタイズシステム>

このシステムの大きな特徴は、ティーチングなしでパレタイズを代替・自動化。ワークのサイズを入力し、提示された積み付けパターンを選択するだけのティーチレス・パレタイズ。従来、専門技術者にしかできなかったロボットの教示はもう必要ない。

パレタイズに必要な設備をすべてパッケージ化している。ロボット、ハンド、安全装置など、導入に必要な一連の設備をパッケージ化。さらに、前後工程に必要なコンベヤ等の設備も要望に合わせて提案が可能。顧客の現場に最適なシステムを提供するとしている。

協働ロボットを採用しているため、安全柵を必要とせず、従来の産業用ロボットに比べて、省スペースで設置が可能。また、作業者が近づき過ぎると低速運転に移行し、万一、装置に接触してもロボットが自動で停止するため、安全に人との協働が可能だ。

また、通常、ロボットでモノを運ぶ際には、ワークやパレットの位置をあらかじめティーチングしておく必要がある。このシステムは、カメラ認識により位置・角度を自動調整するため、別途位置決めするための大掛かりな機構を追加する必要がない。

そして、対話形式の画面で誰でも簡単に操作可能だ。従来、ロボットの操作やワークの品種追加などは、専門技術者がひとつひとつ詳細設定をしなければ不可能だった。このシステムは、対話形式の操作画面を採用することによって、誰にでも簡単に扱える仕様となっている。

最新ニュース

物流用語集