日本トランスシティ/三重県の事業所で従業員が新型コロナ感染

2021年04月07日 

日本トランスシティは4月7日、三重県四日市市の同社事業所に勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。

この従業員は4月6日より出社しておらず、医療機関および保健所の指導のもと、療養中。

従業員が勤務していた事業所での濃厚接触者については特定されており、現在自宅待機中。また、この事業所は保健所の指導のもと、既に消毒作業を実施している。

同社グループでは、新型コロナウイルス感染拡大への対策を実施しているが、今後も従業員をはじめとする関係者の感染防止、安全確保を最優先に対応を進めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集