日本GLP/滋賀県野洲市で2.0万m2の物流施設竣工、1棟利用

2021年04月06日 

日本GLPは4月6日、滋賀県野洲市で延床面積 2万350.16m2の先進的物流施設「GLP野洲」を竣工したと発表した。

<「GLP野洲」外観>
20210406glp 520x368 - 日本GLP/滋賀県野洲市で2.0万m2の物流施設竣工、1棟利用

「GLP野洲」は、日本GLPが滋賀県で開発する初めての物件で、家庭用品・生活雑貨を取り扱う専門商社であるクラスアップの専用施設として稼働する。

クラスアップは50年以上にわたり、家庭用品とインテリアなどの生活雑貨の分野に特化した専門商社。現在利用している複数の物流施設を「GLP野洲」に集約し、物流オペレーションの効率化を図るとともに、昨今のEC需要の高まりによる業容拡大に対応する。GLPはこれまでの開発実績を活かし、クラスアップにとって初となるBTS施設プランの計画およびマテハンの導入などをサポートし、新たな物流拠点の開設に寄与した。

「GLP野洲」は、1階では内柱を鉄筋コンクリート造、梁を鉄骨造としたハイブリッド工法を採用し、ブレースのない空間にすることで、搬入出業務の効率性を向上させている。また、2~4階についても、ブレースを建物外周部に配置することで、将来カスタマーが設置するマテハン機器等に関するレイアウトの自由度を確保している。

立地面では、国道8号線に近接し、名神高速道路「栗東IC」から約 8km、「竜王IC」から約7.6km と京滋エリア・名阪エリアへのアクセスに優れている。2023年度には、新名神高速道路の全線開業が予定されていることから、2大都市圏への広域配送の拠点として更なる利便性向上が見込まれるエリアで、先進的物流施設へのニーズも高まっている。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「滋賀県における我々の初めての開発となる『GLP野洲』は、名阪の中間に位置し、両都市圏への広域配送および京滋地区へのエリア配送拠点として最適な立地。今後、物流拠点としての発展が期待される地域にある。今回入居予定のクラスアップには、ECの配送拠点および店舗配送拠点として活用いただく予定。今後も企業のニーズを汲み取り、物流オペレーションの更なる効率化と快適性を追求するとともに、地域の一層の発展に向けて尽力していきたい」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP野洲」
所在地:滋賀県野洲市大篠原 1610-7
敷地面積:9917.45m2
延床面積:2万350.16m2
構造:地上4階建て、耐震・鉄骨造
着工:2020年1月
竣工:2021年3月
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集