SCC日本支部/SCMを見直すテーマに、5月22日セミナー

2009年04月13日 

サプライチェーンカウンシル(SCC)日本支部は、「SCMを見直す」をテーマに、1日コースのセミナーを5月22日開催する。

■開催概要
日時:5月22日(金)9:45~17:30(9:15受付開始)
場所:東京日本青年館地下中ホール(東京都新宿区霞ヶ丘町7-1)
参加資格:SCC日本支部会員および非会員で「SCM、CRM、PLM、食品、小売、 KPI(経営指標)、スコアカード、業務改革、改革人材育成、BPM」に興味のあるひと
参加費用:会員・非会員ともに無料

詳細・申込みは、下記URLを参照。
http://www.supply-chain.gr.jp/

■プログラム 
9:45~10:00
「最新のSCC活動と2009年度の展開」
SCC日本支部 チェアマン
マネジメント&ERPインテグレーション代表取締役
渡辺和宣

セミナー:テーマ「SCMを見直す」

10:00~11:00
「スコアカードによるサプライチェーンの評価」
東京工業大学社会理工学研究科
経営工学専攻 工学博士 教授
圓川隆夫

東京工業大学とJILS(Japan Institute of Logistics Systems:日本ロジスティクスシステム協会)とで開発した企業のSCM性能を測定するLSC(ロジスティクススコアカード)は、自己評価に基づいた診断によるベンチマーク情報を提供することで、日本企業700社をはじめ、フィンランド、タイ、中国、韓国企業のデータが蓄積されている。このデータベースに基づき、オペレーションズマネジメント能力であるSCM性能を、経営成果に結びつけるには何が必要か、そして日本企業に共通して見られる自社のSCMに対する認識ギャップとは何かについて紹介する。同時に5か国のSCM性能の得点の比較、SCMへのアプローチの仕方の違いの比較を通して、日本企業のSCM構築に向けての強みと弱み、国の文化の違いによる影響について説明する。

11:00~12:00
「雪印乳業におけるSCM取り組み」
雪印乳業
生産部 装置技術グループ担当部長 
松本卓夫

雪印乳業
生産部 装置技術グループ
大石 眞樹

雪印乳業のSCMシステムの開発導入は、2002年より3期に分けて実施され、販売・生産・物流に関わる業務改革を実行した。業務改革により、在庫配置の最適化、キャッシュフローの低減、プロダクトミックスの改善などの効果が現れ、現在もブラッシュアップを継続している。今期実施予定のSCM第4期においては、国内外の原材料調達との連携を図り、全体最適化を目指した取り組みを実施する。講演では、こうした現状を踏まえ、今後のSCMの運用と課題について説明する。

SCORワーキンググループ活動紹介
SCC日本支部独自の啓蒙活動として、会員の自主的なリーダーシップに基づいて運営されているSCORワーキンググループ。毎年6月の活動開始の前に、1年間の成果をサプライチェーンセミナー日本で紹介している。同活動はSCC本部や多支部からも注目されており、SCOR/DCOR/CCORなどの参照モデルに限らず、SCM人材を育成するユニークな場として発展している。活動内容や活動成果物の実業務での活用の実際などを、ワーキンググループリーダーによるパネルディスカッションで紹介する。

13:00~15:00
パネルディスカッション
モデレーター:
日立東日本ソリューションズ 中山健
パネラー:
日本オラクル 川久保義彦
日本電気 橋場聡
マネジメント&ERPインテグレーション 渡辺和宣
プルーブ 羽生田博正
日本ビジネスクリエイト 三枝利彰
中部電力 垣見祐二
SCC日本支部事務局 小野耕司

15:00~15:40
質疑応答

16:00~17:30
「IBM Chief Supply Chain Officer Survey Summary:世界のサプライチェーン・リーダーが見る今後の課題と展望」
IBM Corp. サプライ・チェーン・マネージメント・サービス
アジア・パシフィック ソリューション・リーダー
アレン深田

■有志による懇親会
セミナー終了後下記の要領にて懇親会を開催する。
会員、非会員を問わず参加可能。
申し込みは、メールで。
締め切り以降のキャンセルについては、別途会費を徴収する。
■懇親会概要
日時:5月22日18:00~20:30
会場:ブラッスリー銀座ライオン青山一丁目店 
http://r.gnavi.co.jp/g194300/
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビルヂング西館B1
地下鉄青山一丁目駅 徒歩1分 
会費:5000円/人(当日会場で徴収、150分飲み放題)
締切:5月15日(先着40名まで)

■問い合わせ
SCC日本支部事務局 
小野
TEL053-584-3380
info@supply-chain.gr.jp

最新ニュース

物流用語集