三菱重工/燃費15%向上のエコLNG船を日本郵船から受注

2011年03月01日 

三菱重工業は3月1日、燃料消費を大幅に節約した液化天然ガス(LNG)運搬船を、日本郵船から受注したと発表した。

蒸気を再度加熱利用することで熱エネルギー効率を高めた新型蒸気タービン機関を初めて主機として採用し、燃費が従来の蒸気タービン機関に比べ約15%向上する。

完成・引き渡しは2014年の予定。

この船は全長288m、幅49m、深さ26.8m、総トン数12万3,000トンで、MOSS方式の球形タンクを4基搭載する。

タンクの総容積は14万5,400立方メートルで、搭載する海水を浄化するバラスト水処理装置を装備するほか、低硫黄燃料油も使えるようにして、環境配慮を徹底する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集