SGホールディングス/グループで被災者2500名を優先雇用

2011年04月25日 

SGホールディングスは4月25日、震災の復興支援として、グループ全社で被災者を約2500名雇用すると発表した。

佐川急便による宮城県石巻市近郊の被災者100名の採用をはじめ、グループ全社で被災者を優先的に年間で2500名を採用するというもの。

また、SGホールディングスとグループ従業員有志により、義援金5000万円(内従業員有志2528万5000円)を5月10日、日本赤十字に寄贈する予定。

佐川急便採用の100名に関しては、被災地(宮城県石巻市)での復興支援活動全般が主な業務内容。仮設住宅への簡易引越し作業や自治体(石巻市)と連携したボランティア活動なども含まれる。

対象者は震災により今春の採用を取り消された石巻市近郊の新卒者、震災により休職中の石巻市近郊の人となっており、臨時社員として採用(3か月更新)する。期間は2011年12月20日まで、5月度~6月度20名、7月度~12月度100名の予定で、正社員登用制度もある。

グループ各社の採用は5月中旬、ホームページに説明会と面接についての案内を掲載する。
http://www.sg-hldgs.co.jp/

採用問い合わせ
佐川急便
シェアードセンター
採用担当
TEL:0120-393-184(土日祝除く9:00~17:00)。

最新ニュース

物流用語集