ブリヂストン/米で乗用車・小型トラック用タイヤの生産能力増強

2011年07月21日 

ブリヂストンは7月21日、グループ会社のブリヂストン アメリカス タイヤ オペレーションズ・エルエルシー(BATO)が、米国・エイケン工場の乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)・小型トラック用ラジアルタイヤ(LTR)の生産能力を増強すると発表した。

総投資額は約1億3500万USドルで、2013年第1四半期中に工場の生産能力を日産約4750本増強し、日産約3万本体制とする予定。

今回の増強にあたっては約8万1000㎡の建屋が建設され、120人を超える従業員が新規雇用される予定となっている。2011年中に建設が開始される予定だ。

■エイケン工場概要
所在地:サウスカロライナ州エイケン郡
操業開始:1998年
従業員数:約1130人(2011年7月現在、正社員+契約社員)
建築面積:約55万㎡(2011年7月現在)
生産品目:PSR・LTR
生産能力:約2万5200本/日(2011年7月現在)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集