サンリツ/4月~6月の営業利益76.3%減

2011年07月30日 

サンリツが7月29日に発表した2012年3月期第1四半期決算によると、売上高37億7400万円(前年同期比0.9%増)、営業利益2900万円(76.3%減)、経常利益400万円(96.2%減)、当期利益0円となった。

医療機器関連の3PL分野拡充を目的とする八王子事業所を開設し、営業を開始した。また、国際物流分野では、航空貨物の取扱い拡充に向けた環境整備を進めてきた。さらに、海外子会社では事業基盤強化と業容拡大を目的に増資を行った。

原価面では、業務の効率化や人員の有効活用など一般管理費の削減に努めたが、八王子事業所の開設に伴う費用と営業体制強化に伴う費用の増加等が利益に大きく影響した。

通期は、売上高173億2000万円(8.6%増)、営業利益7億2000万円(21.2%増)、経常利益6億3000万円(4.5%増)、当期利益3億6000万円を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集